個別競争売買

「個別競争売買」とは、証券取引所で行われる取引方法の一つで、売り手と買い手がそれぞれの価格を提示し、その価格が一致した場合に取引が成立する方式を指します。これは、一般的な市場での取引と同じで、売り手は高く、買い手は安く取引したいという意向が反映されます。この方式は、特に大量の株式を取引する際や、価格の変動が激しい銘柄を取引する際に用いられます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。