固定金利方式・共通担保資金供給オペレーション

「固定金利方式・共通担保資金供給オペレーション」とは、中央銀行が市場に一定の金利で資金を供給する手法です。この操作は、金融機関が共通の担保を提供し、中央銀行から固定された金利で資金を借り入れることができます。これにより、市場の金利が安定し、金融機関間の貸借関係がスムーズに機能するように支援します。簡単に言うと、金融システムにお金を流し込むための中央銀行のツールの一つです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。