小口取引

「小口取引」とは、株式やその他の証券市場において、1銘柄あたり300万円以下と、比較的少額の取引を指します。一般的に、個人投資家が行う取引は小口に分類されることが多く、大量の株や大きな金額を動かす機関投資家の取引(大口取引)と対比されます。小口取引は市場の流動性に貢献し、個人投資家にとっては少ない資金から投資を始めることができるメリットがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。