国民負担率

国民負担率は、国民の税金や社会保障費などの公的負担の合計が、国の経済全体(国内総生産:GDP)に占める割合を示します。これにより、国民一人ひとりがどれくらいの経済的負担をしているかが分かります。高い国民負担率は、政府の税収や社会保障制度が充実していることを示す一方で、個人の手取り収入に対する圧迫感を表すこともあります。この指標は、政府の財政政策や社会保障制度の持続可能性を考える際に重要です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。