国民所得の三面等価

国民所得の三面等価とは、経済活動を異なる三つの角度から見たときに、時間が経過すると額が等しくなるという原則です。具体的には、生産面(国内で生産された財・サービスの価値)、分配面(労働や資本から得られる所得)、支出面(消費や投資に使われる支出)の三つの側面があり、これらは数値上等しくなります。これにより、経済の健全性や成長を分析する際の基本的な枠組みとなっています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。