国際分散投資

国際分散投資とは、投資リスクを減らすために、資産を複数の国の株式や債券などに分けて投資することです。一つの国や地域だけでなく、世界中の異なる市場に投資することで、特定の国の経済状況や通貨の変動に左右されにくくなります。これにより、リスクを分散し、安定した収益を目指す戦略です。初心者でも、国際分散投資を行う投資信託などを利用することで、簡単に実践できます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。