国際決済銀行(BIS)

国際決済銀行(BIS)は、世界の中央銀行が集まって作った国際機関です。1930年に設立され、スイスのバーゼルに本部があります。中央銀行間の協力を促進し、国際金融や通貨の安定を支える役割を担っています。また、銀行監督の国際基準を作る場としても知られており、金融危機を防ぐためのルール作りにも関わっています。投資家や金融関係者にとっては、世界経済の安定に影響を与える重要な機関とされています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。