国際金融公社

国際金融公社(IFC)は、世界銀行グループの一員で、1956年に設立されました。主に民間セクターの発展を支援することを目的とし、途上国や新興国の民間企業に投資やアドバイスを提供しています。IFCは、貧困削減と経済成長を促進するために、企業の成長を支えることで雇用を生み出し、資源を効率的に活用することに貢献しています。証券市場においては、IFCが発行する債券を通じて資金を調達し、それを投資プロジェクトに充てる役割を担っています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。