小型株効果

「小型株効果」とは、市場価値(時価総額)が小さい企業の株式、つまり小型株が、長期的には大型株よりも高いリターンをもたらす傾向があるという現象です。これは、小型株が過小評価されやすく、成長の余地が大きいためとされています。ただし、小型株は流動性が低く、価格変動が大きいためリスクも高いです。投資家は、高いリターンを求める一方で、これらのリスクを考慮する必要があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。