効力発生日(株式)

「効力発生日」とは、株式取引において、ある取引やイベントが法的に効力を持つようになる日付のことです。例えば、株式の分割や併合、配当の権利が確定する日などがあります。この日が重要なのは、株式に関する権利が誰に属するかを決定するためです。効力発生日を基準に、株式を保有している投資家が特定の権利(例:配当金の受取権)を得るかどうかが決まります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。