効率的市場仮説

効率的市場仮説(EMH)は、株式などの価格が常に全ての利用可能な情報を反映しているという考え方です。つまり、市場は情報を完璧に価格に織り込むため、個々の投資家が公開情報を使って市場平均を上回るリターンを得ることは長期的には不可能だとされます。この理論によれば、株価は予測不可能であり、ランダムウォーク(無作為な変動)をすると考えられています。効率的市場仮説には弱形、半強形、強形の3つの形態があり、それぞれ市場の情報反映の程度を異にします。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。