行動ファイナンス

行動ファイナンスは、人々の心理や感情が投資の決定にどのように影響するかを研究する分野です。伝統的な経済学では、人は合理的に情報を基に最適な選択をすると考えられますが、行動ファイナンスは、実際には人々が偏見や認知の歪みによって非合理的な投資判断をしがちであることを明らかにします。この理論は、市場の動きが常に合理的でないことを説明し、投資戦略や金融商品の設計に応用されています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。