行動経済学

行動経済学は、人々が実際には非合理的な判断をしがちであることを研究する学問です。証券市場において、投資家は感情や誤った信念によって、理論的に最適とされる選択から逸脱することがあります。例えば、損失を避けるために必要以上にリスクを避けたり、過去のパフォーマンスに基づいて未来を予測しようとするなどの行動が挙げられます。行動経済学は、このような心理的要因が市場の動きにどう影響するかを解明しようとします。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。