公定歩合

公定歩合とは、中央銀行が金融機関に貸し出す際の基準となる金利のことです。この金利を変動させることで、市場に流通するお金の量を調節し、経済の安定や成長を目指します。例えば、公定歩合を下げるとお金を借りやすくなり、経済活動が活発になることが期待されます。逆に、公定歩合を上げるとお金の借入が抑制され、インフレ抑制などが狙いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。