公正証書遺言

公正証書遺言とは、遺言者が公証人(法律の専門家)と証人2人の立会いのもとで、自分の遺産の分配に関する意志を正式な文書にして残す方法です。この遺言は法的な効力が高く、遺言者の意思が明確に記されているため、遺言の内容についてのトラブルを防ぐことができます。また、公証人が保管するため、紛失や偽造のリスクが低いという利点があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。