公開市場操作

公開市場操作とは、中央銀行が金融市場で国債などの証券を売買することで、市場のお金の量を調節し、金利をコントロールする行為です。例えば、中央銀行が証券を買うと、市場にお金が増えて金利が下がり、逆に売るとお金が減って金利が上がります。この操作によって、経済の安定や成長を促すことを目的としています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。