公開買付代理人

公開買付代理人は、企業が他の会社の株式を大量に買い取る際に、その手続きを代行する専門の金融機関のことです。例えば、ある企業が他社を買収するために株式公開買付け(TOB)を行う時、株主から株式を集める作業をこの代理人が担います。株主は代理人に株を売ることで、買収を希望する企業に株を渡すことができます。公開買付代理人は、取引が公正に行われるように監督する役割も持っています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。