減配

「減配」とは、企業が株主に支払う配当金を前回よりも減額することを指します。企業の業績が悪化したり、将来の投資のために内部留保を増やす必要がある場合などに行われます。株主にとっては収入が減るため、通常はネガティブなニュースと捉えられ、株価に悪影響を与えることがあります。しかし、長期的な企業成長のために必要な措置として減配が行われることもあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。