限定承認

限定承認とは、遺産相続において相続人がプラス財産の範囲内でのみ債務を弁済することを選ぶ手続きです。相続人は亡くなった人の財産だけでなく借金も引き継ぎますが、限定承認をすることで、自分の財産を使って借金を返す必要がなくなります。つまり、相続する財産が借金より少ない場合に、自己のリスクを抑えるために利用される方法です。証券用語としてではなく、相続法の用語として使われます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。