減損会計

減損会計とは、企業が保有する資産の価値が下がった時、その損失を財務諸表に反映させる会計処理のことです。例えば、会社が機械や建物を持っているとき、その価値が市場の変化や損傷で減少した場合、実際の価値に合わせて帳簿価格を下げます。これにより、資産の価値が正確に報告され、投資家が適切な判断を下せるようになります。減損損失は損益計算書に記録され、企業の利益に影響を与えます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。