源泉分離課税

源泉分離課税とは、株式の配当や利子などの投資収益に対して、受け取る際に税金が自動的に差し引かれる税制のことです。この税金は投資家が確定申告をする必要がなく、税金の計算や納付が簡単になります。例えば、日本で株式の配当を受け取る際には、源泉分離課税により一定の税率(20.315%)で税金が差し引かれます。投資家は差し引かれた後の金額を受け取るだけで、手続きが簡単になるのが特徴です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。