源泉徴収

源泉徴収とは、投資から得た利益(例えば株の配当や利子)に対して、税金を投資家が受け取る段階で事前に差し引いて納税するシステムです。金融機関が税金を先に国に代わって徴収し、投資家には差し引いた後の金額が支払われます。これにより、投資家は後で確定申告をする際に、源泉徴収された税額を申告し、必要に応じて追加納税したり、過払いがあれば還付を受けたりします。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。