MMT

MMTは「モダン・マネタリー・セオリー」の略で、現代貨幣理論を指します。これは国が独自通貨を発行する限り、債務不履行になることはなく、インフレを抑える限りであれば政府は無制限に財政支出を行えるとする経済理論です。MMTは従来の財政規律の考え方に挑戦し、特に自国通貨を持つ国々においては、失業や社会的ニーズに対応するために積極的な政府支出が可能だと主張します。ただし、インフレや通貨価値の低下などのリスクも指摘されています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。