WACC

WACCは「Weighted Average Cost of Capital」の略で、企業の資本コストの加重平均を意味します。企業が資金を調達する際に、株主からの資本(株式)と借入れ(負債)の両方に対して支払うコストの平均値です。WACCは、企業が投資プロジェクトに求める最低限の収益率として使われ、投資が企業の価値を高めるかどうかを判断する基準となります。低いWACCは、より少ないコストで資金を調達できることを示し、投資機会に対して企業がより競争力を持つことを意味します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。