FANG+

「FANG+」は、アメリカの大手ハイテク企業を指す用語です。元々「FANG」とはFacebook(現Meta)、Amazon、Netflix、Google(親会社はAlphabet)の頭文字を取ったものでした。後にAppleを加え、「FAANG」とも呼ばれるようになりました。さらに「FANG+」はこれらの企業に加え、テスラやアップルなどの影響力のあるテクノロジー関連企業を含むように拡張された言葉です。投資の世界では、これらの企業の株式を指して使われ、成長性や影響力が高いことを示しています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。