B to C

「B to C」とは、一般的にビジネス用語で使われる略語で、「Business to Consumer」の略です。これは企業が直接消費者に対して商品やサービスを販売するビジネスモデルを指します。例えば、オンラインショッピングサイトや小売店などがB to Cの例です。証券市場においては、この用語は直接的な関連はありませんが、消費者向けにサービスを提供する企業の株式を取引する際に、その企業のビジネスモデルを理解するための文脈で使われることがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。