Tier2(補完的項目)

「Tier2(補完的項目)」は、銀行の資本規制における用語で、銀行の健全性を評価するための指標の一つです。銀行の資本は、リスクに対するバッファーとして機能します。Tier1資本が銀行の最も安全な資本(株式など)を指すのに対し、Tier2資本はそれよりもリスクが高い資本(長期債など)を指します。Tier2資本は、銀行が経済的な困難に直面した場合に、損失を吸収するための追加の保護を提供します。しかし、Tier1資本に比べてその安全性は低いため、補完的な役割を果たします。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。