TIBOR(東京銀行間取引金利)

「TIBOR(東京銀行間取引金利)」は、銀行が他の銀行からお金を借りるときの金利のことを指します。具体的には、東京の銀行間市場で取引される無担保短期金融商品の金利の平均値です。この金利は、銀行の信用力や市場の資金需要によって変動します。TIBORは、金利の動向を見るための指標として利用され、また、企業が発行する社債やローンの金利設定の基準ともなります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。