GDP

「GDP」は「Gross Domestic Product」の略で、日本語では「国内総生産」と訳されます。これは、一定期間(通常1年)における国内で生産された全ての商品やサービスの市場価格を合計したものを指します。つまり、国の経済活動の規模を示す指標となります。GDPが増加すれば経済が活性化していると言え、逆に減少すれば経済が停滞していると言えます。証券投資においては、GDPの動向を見ることで、国や企業の経済状況を予測し投資判断の一助とします。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。