CFPS

「CFPS」とは「Cash Flow Per Share」の略で、株当たりのキャッシュフローを指します。具体的には、企業の一定期間における営業活動、投資活動、財務活動からのキャッシュフローを全発行済み株式数で割った値です。CFPSは、企業の収益性やキャッシュ生成能力を示す指標の一つとして注目されます。

EPS(Earnings Per Share)が株当たりの利益を示すのに対し、CFPSは実際に企業が生み出した現金の流れを株当たりで示します。これにより、企業の実質的な資金繰りの健全性やキャッシュ生成能力を評価することができます。高いCFPSは、企業が安定してキャッシュを生み出していることを示すため、投資家にとって魅力的な指標となります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。