CSR

「CSR」とは「Corporate Social Responsibility」の略で、企業の社会的責任を指します。これは、企業が単に利益を追求するだけでなく、環境、社会、経済の側面で持続可能な形でビジネスを行うことを意味します。具体的には、環境保護への取り組み、従業員の福利厚生、地域社会への貢献、企業倫理や人権の尊重などが含まれます。

CSRの取り組みは、企業のブランド価値や評価を高め、消費者や投資家からの信頼を得る手段ともなります。多くの企業は、持続可能な社会の実現に向けて、CSRを経営戦略の一部として位置付け、積極的に取り組んでいます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。