CRS

「CRS」は「Common Reporting Standard」の略称で、国際的な税務情報の自動交換スタンダードを指します。この制度は、税逃れを防止するために、金融機関が顧客の口座情報を自国の税務当局に報告し、その後、関連する情報が税務当局間で自動的に交換されることを目的としています。

CRSは、OECD(経済協力開発機構)によって策定され、日本をはじめとした100以上の国々がこれに参加しています。金融機関は、顧客の居住国や口座の情報を収集し、必要に応じて関連する税務当局に提供する義務があります。この制度により、国際的な税務透明性が向上し、税逃れや違法な金融取引の防止が図られています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。