OTC

「OTC」とは「Over-The-Counter(店頭取引)」を意味するが、証券取引所を通さずに直接売買される金融商品の取引を指します。これには、株式、債券、デリバティブなど、さまざまな金融商品が含まれます。

OTC市場は、一般的には証券取引所よりも規制が緩やかで、参加者間で直接取引が行われます。これにより、特定のニーズに合わせてカスタマイズされた取引や、非公開企業の株式など、取引所で取引されない商品の売買が可能となります。

ただし、OTC市場は取引所に比べて透明性が低く、価格や取引量の情報が限られる場合があるため、投資家はそのリスクを理解し、十分な情報収集を行う必要があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。