ADP全米雇用報告

「ADP全米雇用報告」とは、米国の非農業部門の雇用状況を月ごとに反映する経済指標の一つです。この報告は、ADP(Automatic Data Processing, Inc.)という人事・給与処理サービスの大手企業が公表しています。ADPのデータは、彼らが手掛ける企業の給与処理データに基づいており、米国の雇用の増減を示します。

この報告は、米国労働省が発表する「雇用統計」とは異なりますが、公表されるタイミングが雇用統計の2日前と早いため、市場の予測や先行指標として注目されます。特に、経済の健全性や中央銀行の金融政策の方向性を判断する上で、雇用情報は非常に重要なため、ADP報告は投資家や市場関係者から熱心に監視されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。