LTV(Loan to Value)

「LTV」とは「Loan to Value(ローン対価値比率)」の略称で、特に不動産やモーゲージ(住宅ローン)の文脈で使用される証券用語です。LTVは、借り入れたローンの金額を、そのローンで購入または担保として使用される資産(例:家や土地)の市場価値で割ったものとして表されます。

例えば、家の市場価値が100万ドルで、80万ドルのローンを借りた場合、LTVは80%となります。

LTVは、借り手のリスクを評価するための重要な指標として用いられます。高いLTVは、借り手が資産の価値に比べて多額のローンを持っていることを示し、価格の変動に対するリスクが高まると解釈されます。多くの金融機関は、特定のLTVを超えるローンの提供を避けることがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。