LTRO

「LTRO」とは「Long-Term Refinancing Operation(長期再融資操作)」の略称です。この用語は、特に欧州中央銀行(ECB)において使われるもので、銀行に対して長期の低利の資金を提供する操作を指します。

LTROの目的は、銀行の資金調達コストを低下させ、銀行間の信用を安定させることで、銀行が経済に資金を供給し続けることを促すことです。これにより、企業や家庭への融資が増加し、経済の成長やインフレ率をサポートすることが期待されます。

2011年と2012年にECB(欧州中央銀行)は、合計1兆ユーロ以上の資金供給を行いました。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。