MR(複合現実)

「MR」は「Mixed Reality(複合現実)」の略ですが、正確には証券用語ではありません。技術やデジタル領域で使われる言葉で、現実の世界と仮想の世界を融合させる技術を指します。MRは、現実の環境にデジタルの情報や物体を重ね合わせて表示することが可能で、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)の中間のような位置付けとなります。具体的には、MRを利用したヘッドセットを装着することで、現実の部屋に仮想の家具を配置するなど、両方の世界を同時に体験することができます。この技術は、エンターテインメント、設計、医療など多岐にわたる分野での応用が期待されています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。