ポイズンピル

「ポイズンピル」とは、アメリカで用いられている、企業が敵対的買収から身を守るための戦略です。買収を試みる他社にとって不利な条件をあらかじめ設定し、買収を思いとどまらせる手段です。例えば、株価が一定以上になると、既存の株主に新しい株を割安で買える権利を与えることで、買収者のコストを大幅に増やし、買収を困難にします。これにより、企業は自己の独立性を守ることができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。