ホワイトカラー・エグゼンプション

「ホワイトカラー・エグゼンプション」は、アメリカの労働法における用語で、一部の専門的な職種や管理職など「ホワイトカラー」(事務職や専門職)を対象に、一定の労働時間制限や残業代の支払い義務から免除する規定のことを指します。これにより、企業は労働コストを抑えることが可能となります。ただし、エグゼンプション(免除)の対象となる職種や条件は法律で厳密に定められています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。