保護預かり

「保護預かり」とは、証券会社が顧客から預かった株式などの証券を、顧客の代わりに管理するサービスのことを指します。証券会社が保管することで、紛失や盗難のリスクを減らすことができます。また、配当金の受け取りや株主総会への出席など、株主としての権利行使も証券会社が代行してくれるため、手間が省けます。ただし、このサービスは一部の証券会社でしか提供されていないため、利用する際は事前に確認が必要です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。