法定相続人

「法定相続人」とは、法律によって相続権が定められている人のことを指します。たとえば、亡くなった人の配偶者や子供、親などが該当します。遺言がない場合や遺言が無効な場合、この法定相続人が財産を相続します。また、遺言があっても全ての財産を遺言で処分することはできず、一部は法定相続人が必ず相続することになっています。これを法定相続分といいます。証券に関しても、所有者が亡くなった場合、その証券は法定相続人に相続されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。