ペッグ制

「ペッグ制」とは、ある通貨の価値を他の通貨や金などの価値に固定する制度のことを指します。例えば、ある国が自国の通貨価値を1ドル=100円と固定する場合、その国の中央銀行は外国為替市場で積極的に通貨を売買し、1ドル=100円というレートが保たれるようにします。これにより、通貨の価値が大きく変動することを防ぎ、経済の安定を図ることができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。