ベースアップ

「ベースアップ」とは、給与の基本給の部分を増加させることを指します。通常、給与は基本給と各種手当てから成り立っており、ベースアップはその基本給の部分を対象として上昇させるものです。多くの場合、業績や経験値、能力などの評価に基づき、定期的な人事評価や賃金交渉の際に行われます。ベースアップは、従業員のモチベーション向上や定着率のアップに寄与するとともに、企業の競争力を維持・向上させるための手段としても取り入れられています。一方、経済的な背景や企業の業績によっては、ベースアップの実施が難しくなることもあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。