ベーシススワップ

「ベーシススワップ」とは、異なる2つの金利基準間での利息の交換を行う金融取引を指します。具体的には、例えば、一方がLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)に基づく変動金利、もう一方が別の金利基準に基づく変動金利というように、異なる金利基準を持つ2つの変動金利を交換する契約となります。ベーシススワップは、金利リスクの管理やファンディングコストの最適化などの目的で利用されることが多いです。この取引により、企業や金融機関は特定の金利基準に対する露出を調整し、リスクを管理することができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。