米ドル建て債券

「米ドル建て債券」とは、主要な取引や支払い(利息や元本の返済)をすべて米ドルで行う債券です。多くの国や企業が、資金調達の一環として米ドル建てで債券を発行することがあります。その理由は、米ドルが世界の主要な取引通貨として広く使われているため、流動性が高く、また低い金利で資金を調達できる可能性があるからです。投資家側も、米ドルの安定性や高い市場の透明性を鑑みて、米ドル建て債券への投資を選ぶことが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。