米通商代表部

「米通商代表部」は、通常「USTR(United States Trade Representative)」と呼ばれる、アメリカ合衆国政府の機関です。USTRは、国際的な貿易協定の交渉や、外国との貿易関係の管理、そしてアメリカの貿易政策の策定と実施を担当しています。通商代表は大統領によって任命され、その役割はアメリカの経済的利益を国際的な舞台で守ることにあります。USTRは、多国間貿易協定の交渉、例えば世界貿易機関(WTO)のような場面や、二国間の自由貿易協定の交渉において、アメリカの立場を代表して活動します。この組織の発表や行動は、世界的な貿易の動向や市場の反応に大きな影響を及ぼすことがしばしばあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。