変動相場制

「変動相場制」とは、通貨の為替レートが市場の需給によって自動的に決まる仕組みのことを指します。この制度下では、国の中央銀行や政府が為替レートを直接固定することはせず、取引される通貨の需要と供給により為替レートが変動します。例えば、ある国の通貨が投資家から人気があり、多くの人がその通貨を購入したい場合、その通貨の価値は上昇するでしょう。逆に、需要が減少すれば価値は下がります。このように、変動相場制は市場の自由な動きによって通貨の価値が決定される制度です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。