変動金利

「変動金利」とは、証券やローンの金利が固定されず、一定の基準に応じて上下する金利のことを指します。例えば、住宅ローンを組む際に、変動金利のオプションを選ぶと、金利は一定の期間ごと(例:毎月、毎年)に見直され、その時点の市場の金利状況に応じて変わります。利点としては、市場金利が下がったときに、支払う金利も下がる可能性があるため、低金利を享受できるチャンスがあります。一方、市場金利が上昇すると、支払う金利も上がるリスクが伴います。変動金利を選ぶか、固定金利を選ぶかは、個人のリスク許容度や金利の見通しによります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。