特別会計

特別会計とは、一般会計とは別に設けられた会計のことで、特定の目的のために使われるお金を管理するための仕組みです。例えば、国や自治体が道路建設や災害対策など、特定の公共事業に使う資金を分けて管理するために特別会計を設けます。証券用語としてではなく、主に公共の財政管理に関連する用語として使われます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。