特定遺贈

「特定遺贈」とは、遺言によって相続人に対して特定の財産を与えることを指します。証券用語としては、故人が遺言で特定の株式や債券などの金融資産を指名した人に渡すことを意味します。たとえば、故人が「私の持っているA社の株式100株を甥の太郎に遺贈する」と遺言した場合、太郎はその株式を受け取る権利があります。これにより、故人の意志に従って特定の資産が相続されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。